千住博「瀧図」 のお問い合わせはお電話
またはメールにて承っております。

お気軽にお尋ねください。


備考:ED、サインなどの部分は画像上、削除加工をしております。



千住博「瀧図」

高野山総本山金剛峯寺 襖絵奉納記念版画

日本仏教の聖地、高野山真言宗総本山金剛峯寺へ納められた襖絵をシルクスクリーンによりディテールまで丁寧に表現した最新作です。


“お釈迦様がお亡くなりになった日の夜を徹してお祈りする部屋が「囲炉裏の間」だ。
私はこの襖絵には崇高の上にも崇高な滝を描きたいと思った。自然で、柔らかく、そして光に満ちた滝。
無我夢中で制作に明け暮れた。しかしうまくいかない。上から下に重力だけを頼りに絵具を垂らす。
何十回とやり直す中、いつしか私の自我では表せないような、つまり私が描いたとは思えない滝の流れが表れた。
見るに見かねて空海が後ろからそっと手を添えてくださったのだと感じた。
制作の上でも「同行二人」だった、と思っている。
千住博”




【作品詳細】
作家 :千住博
作品名:瀧図
技法 :シルクスクリーン

用紙 :かきた300g
版数 :26版26色
工房 :エディションワークス

画寸 :39.8×78.0cm
限定枚数:150部
制作年:2020年

体裁 :額縁
細部の仕上がり、お作品の額まで千住先生が監修されたお作品です。
 
千住博
1958年東京生まれ。第46回ヴェネツィアビエンナーレにて東洋人初の名誉賞を受賞する。現在、ニューヨーク在住。
2020年には高野山金剛峯寺開創1200年を記念し制作された襖絵が奉納された。
作品はメトロポリタン美術館をはじめとする世界主要美術館に収蔵、展示されるなど国際的な評価も高い。
価格 : 1,320,000円
数量
 

品切れ